豊科カントリー倶楽部

長野県
豊科カントリー倶楽部

とよしなかんとりーくらぶ

豊科カントリー倶楽部は、高速グリーンと年間を通じてコンディションの良さが魅力のゴルフ場で、田中常雄の設計により1989年7月15日に開場されました。長野県安曇野市内に位置する標高800mの高原地帯に広がる総距離6,886ヤード全18ホールの丘陵コースとなっています。

北アルプスの雄大な自然を背景にふるさと信州ならではの四季折々の風情を感じながら、のびのびとプレーを楽しめます。
車でのアクセスは、長野自動車道安曇野IC・梓川SAスマートICより共に10km以内となっており、鉄道のアクセスは、JR中央本線松本駅よりタクシーで約20分、JR篠ノ井線田沢駅よりタクシーで約15分です。

当倶楽部名物ホールは13番、18番ホールで共にPAR3のショートホールです。13番ホールは打ち降ろしの池越えホールで、ティーグラウンドからの北アルプスの眺望が素晴らしく写真撮影などにも最適なロケーションです。また、最終の18番ホールも、池越えのホールでグリーンのアンジュレーションもきつくグリーンに乗っても安心が出来ない難ホールで、正確なショット、パッティング技術が要求されます。
当倶楽部ではレストランのお食事もご好評いただいており、地元の食材を使用した四季折々のメニューをご用意しております。特に、地元で打たれた蕎麦を使用したざるそばをはじめとした手打ちそばのメニューが人気です。また、季節のメニューとして夏場には冷やし中華、秋から冬には煮カツ定食がご好評いただいております。プレーのお客様だけでなくお食事のみのご利用も可能ですのでお気軽にお越しください。

長野県安曇野市豊科田沢8186-1

最寄高速道路 : 長野自動車道安曇野