宮島志和カンツリー倶楽部

広島県
宮島志和カンツリー倶楽部

みやじましわかんつりーくらぶ

宮島志和カンツリー倶楽部は、1971年に開場の広島県東広島市にあるゴルフ場です。
コース設計者は、その正確なショットから「精密機械」と呼ばれるアマチュアの名選手でもあった三好徳行氏が行いました。

車での来場の場合は山陽自動車道・志和より5キロメートル以内、山陽道志和ICから2分。電車での来場はJR山陽本線・八本松駅下車、タクシーで約10分。アクセスは広島市内より約30分と便利です。

広いフェアウェイとアップダウンの少ないコースは初心者の方や女性にも優しく、解放的な青い空を仰ぎながらの充実のプレーをお楽しみいただけることでしょう。前後2段グリーンとなった4番はカップ位置が見えないため慎重なクラブ選びと経験が物を言うコースとなり、上級者も手応え充分のコースとなっています。

練習場は、アプローチグリーンとパターグリーンが用意されておりますので、確実なスコアアップに向けて利用
が可能です。レストランでは季節の限定メニューなどが手頃な価格でいただけ、ミーティングでご利用の際には特別室(24名収容)やミーティングルーム(40名収容)で料理とドリンクがセットとなったミーティングセットなどをオーダーすることができます。

広島県東広島市志和町大字七条椛坂488-2

最寄高速道路 : 山陽自動車道志和